埼玉大会開会式 手話を交えて選手宣誓!

[ 2009年7月10日 15:09 ]

 【高校野球・埼玉大会】開会式が参加158校を集めて行われた。小鹿野の大森脩弘主将(3年)が埼玉大会では初となる手話を交えて「埼玉県のすべての人々が感動し、夢を抱いていただけるよう元気よくプレーすることを誓います」と選手宣誓。学校で福祉の勉強をしていて、手話による宣誓を思いついたという。また、プロ注目の右腕、春日部共栄・中村勝投手(3年)は「調子は上がってきた。みんなとできる最後の舞台。一戦一戦しっかりと戦っていきたい」と意気込みを語った。決勝戦は29日に行われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年7月10日のニュース