渡辺俊報われず…ロッテが拙攻で5位転落

[ 2009年7月10日 06:00 ]

 【ロ3-8楽】ロッテは中盤までの拙攻が響いて今季初の4連勝を逃し、再び5位に転落した。4回まで毎回得点圏に走者を送りながら無得点。6回無死一、二塁では里崎の送りバントが捕邪飛。我慢の投球を続けていた渡辺俊は6回2死無走者から先制点を許すと、7回は今江の失策が絡んで失点を重ねた。攻守に援護がなく7敗目を喫し「何もないです。(6回は)失投です。調子?いつもと一緒です」と言葉少なで、バレンタイン監督も「序盤に得点できていれば渡辺俊の助けになったが…」と不運のサブマリンをかばった。

 ▼ロッテ井上投手コーチの話 (渡辺俊について)調子、球自体は悪くなかったが、勝負どころで辛抱しきれていない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年7月10日のニュース