“努力の男”ブランコがサヨナラ3ラン!

[ 2009年7月10日 21:48 ]

10回中日1死一、二塁、ブランコが左中間にサヨナラ3ランを放つ

 【中日3-0広島】0―0の延長10回1死一、二塁。それも目の前の打者が歩かされてのサヨナラ機では、力みが生じても不思議ではない。しかし、中日の主砲ブランコには冷静に状況を判断する目があった。

 「ダブルプレーを取りに、内角に来ると思った。内からバットを出して、少なくともフライを打とうと思った」。1ボールから、広島の林が投じたのは内に食い込むシュート。ブランコはこれをすくい上げるようにしてバットの芯でとらえ、左中間席へ来日初のサヨナラアーチをかけた。
 転戦のため、チームはこの日の朝に東京から移動。それでも全体練習開始前のグラウンドには、打撃練習に励むブランコの姿があった。「最近強く振れていなかった。いろいろと確認したいこともあった」。派手な幕切れの伏線には、こんなひた向きな努力もあった。
 前夜は神宮で11カードぶりの負け越しを喫したが、嫌なムードを一瞬で消し去るほどの大歓声がナゴヤドームを包んだ。「これをきっかけにして、また5試合、6試合と勝っていきたい」と、ヒーローは満面の笑みだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年7月10日のニュース