多田野よりも?興奮気味の梨田監督

[ 2009年7月10日 23:03 ]

 【日本ハム4-0ロッテ】日本ハムの梨田監督は多田野の好投に、珍しく興奮気味だった。「多田野には(無安打無得点試合を)やってほしかった。でも、連敗が止まったことが一番うれしい」と話した。

 ちょうど2週間前の6月26日にはダルビッシュが七回まで無安打。多田野の九回2死まで無安打の投球は、パ・リーグ史上10度目だった。
 「チームは連敗の重苦しい状態。米球界を経験した人でないとのまれてしまう」と梨田監督。その多田野は、次回の登板まで間隔が空くため、11日に登録を外れることになった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年7月10日のニュース