“フライデー”マー君9回無失点も報われず…

[ 2009年7月10日 23:17 ]

6回ソフトバンク無死一塁、小久保を併殺に打ち取り、ガッツポーズする楽天・田中

 【楽天0-1ソフトバンク】137球の力投は報われなかった。楽天の田中は首位のソフトバンクを相手に9回無失点で踏ん張ったが、チームは延長でサヨナラ負け。野村監督は「マー君見殺しだな。完ぺきに」と肩を落とした。

 11安打を浴びたが、本塁は踏ませなかった。終盤まで球威が落ちず、「自信を持って真っすぐで押せた」。9回に1死一、三塁とサヨナラのピンチを迎えたが、川崎は内角への151キロで浅い左飛。オーティズにも150キロ台の速球を続け、三振で切り抜けた。申し分のない投球だったが、打線の援護がなかった。
 6月11日の中日戦で挙げた8勝目を最後に、4試合連続で勝てていない。「0点に抑えられたのは良かったが、勝ちにつながらなかった。もっとテンポ良くとか、考えることはいろいろある」。20歳の右腕は責任を背負い込み、険しい表情で引き揚げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年7月10日のニュース