阪神ワーストの借金11 自力V消滅の危機

[ 2009年7月10日 23:29 ]

 【阪神5-7巨人】食い下がり、食い下がり、最後に力尽きた。阪神は延長十二回に勝ち越されて敗れた。今季最多の借金11が重くのしかかる。真弓監督は「やらなくていい点をやって、取れる点がかなりあった」と、勝てる星を落としたと言いたげだった。

 先行を許す展開から2度、追いついたが、最後まで先行できなかった。2点差を追いついた七回は、なおも2死一、二塁でブラゼルが凡退。九回と十一回のサヨナラ機も、ものにできなかった。
 シーズンのちょうど半分を消化したが、浮上のきっかけをつかめない。「打つ方は上がってきているんで、うまく点が取れるようになると勢いがつくと思う」。真弓監督はそう言ったが、昨季の雪辱を誓ったはずの巨人に11日も敗れれば、自力優勝が消える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年7月10日のニュース