【羽生結弦、語る 一夜明け編(1)】4回転半「平昌の次のシーズンで降りられると思っていた」

[ 2021年12月27日 10:11 ]

羽生結弦(撮影・小海途 良幹) 
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの22年北京五輪代表に決まった男子で14年ソチ、18年平昌に続く3連覇を狙う羽生結弦(ANA)らが全日本選手権から一夜明けた27日、オンラインで取材に応じた。

 【羽生結弦、語る 一夜明け編(1)】

 ――五輪3連覇を決意したのはいつだったか

 「3連覇を決意したのは、このジャージーを選考委員会が終わって、代表に選んでいただいて、ジャージーをいただいて、で、記者会見に行くっていうところですかね。やっぱその、ジャージーに腕を通した時に『ああ、これがオリンピックだな』って。でも、自分はやっぱり2連覇っていうものを既に持っていて、それを失うことは確かに怖いんですよ。負ける確率の方が間違いなく平昌オリンピックより高いと思いますし、今のところは。ただ、このユニホームを着た時に、これは勝ちにいくんだな、勝ちにいかなきゃいけないんだなって、なんか、あらためて思わせていただいたように思います」

  ――大谷翔平の活躍はどう見ているか

 「正直、フィギュアスケートの全盛期って23歳だったり、24歳ぐらいが全盛期みたいな感じで思われていたんですけど。やっぱり野球とか見ると、もっと何ですかね、30歳代の、30代前半の方が本当に脂が乗っていていい時期だったっていう話を聞いたりだとか。実際に自分の同年代でいいですかね、完全に、完全に同年代の選手がああやって今まで史上、一番多分いい出来の状態を保っているところを見たり、また手術後で本当に大変だったり、前人未到のことを自分で切り開いてやってるところを見たり、本当に僕自身、勇気づけられて、僕もまだ見ぬ世界かもしれないですけど、4回転半というものにある意味、一人で挑み続けているので、本当に勇気をもらっています」

 ――自分で描いていた4回転半成功へのスケジュールは

 「正直、平昌の後、次のシーズンで降りられると思ってました。ふふふふっ。それぐらいアクセルには自信がありましたし、4回転半というものが、そんなに大変なものだっていうふうに自覚はしてなかったです。ただ、やっぱり怪我があったりとか、いろんなことがあって、なかなか4回転半に集中できない時があったんですけど。集中してやればやるほど、怪我が常につきまとう。そして、集中してやればやるほど、4回転以降回ることがどれだけ大変かということを、なんかあらためて痛感した、この4年間だったんじゃないかなというふうには思っていて。まあ実際、今、4回転半回しにいっていますけれども、こうやって軸が取れるようになったのも本当にここ最近の話なので、本当大変だったなって思ってます」

 ――4回転半は一日何本までと決めているのか

 「あ~、そうですね、具体的な本数で決めてるわけではないです。ただ、そのときの体調次第によっては、まあ4回転半じゃなくていいぞっていう日も、もちろんありますし。ただ、その4回転半のために、じゃあトリプルアクセルどういうふうに練習していくかっていうことだったりとか。そういった面で、じゃあトリプルアクセルは今日は何本にしようとか、あとは4回転半じゃなくても、4回転ジャンプで同じような感覚を何かつかめるものがあるんだったら、じゃあ4回転ジャンプをトリプルアクセルの後に何回挟んでいこうとか、そういったことは考えてますね」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月27日のニュース