宇野 2位で2大会連続五輪決めた!4回転トーループで転倒「足りないものを痛感」

[ 2021年12月27日 05:30 ]

フィギュアスケート全日本選手権最終日 ( 2021年12月26日    さいたまスーパーアリーナ )

2大会連続五輪出場を決めた宇野昌磨(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 18年平昌で銀メダルを獲得した宇野が、2大会連続の五輪を決めた。全日本で合計295・82点の2位に入り、順当に選出された。「選ばれてうれしい」とする一方で、「全日本で足りないものを痛感した」と話した。この日のフリーは冒頭に4回転ループに成功。4回転サルコーも決め、4回転フリップも耐えたが、4回転トーループで転倒があった。

 シーズン前、ランビエル・コーチと向き合った。「世界一を目指すためには何が必要か」と問われ、宇野は「これまで以上の4回転ジャンプ」と即答。封印していたループを組み込み、自身の動画を見返し、他の4回転の改良にも着手した。

 過去最高と言えるほどスケートへの高い意欲と情熱を持って臨んでいる。「今年はトップを目指せる練習をしている。トップを争う時に名前が挙がるような状態で挑みたい」と意気込んだ。

 ◇宇野 昌磨(うの・しょうま)18年平昌冬季五輪で銀メダル。17、18年の世界選手権で2位に入り、19年の四大陸選手権で主要国際大会初優勝を果たした。16年に世界初の4回転フリップ成功。中京大、トヨタ自動車。1メートル58。24歳。愛知県出身。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月27日のニュース