アイスダンスは小松原組が初の五輪代表 “かなだい”との白熱1枠争い、全日本4連覇の実績で軍配

[ 2021年12月27日 05:30 ]

フィギュアスケート全日本選手権最終日 ( 2021年12月26日    さいたまスーパーアリーナ )

北京五輪代表に決まり、会見に臨む小松原美里・小松原尊組(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 注目されたアイスダンス1枠の北京五輪切符を巡る白熱の争いは、全日本選手権4連覇の小松原美里(29)、尊(30)組(倉敷FSC)に軍配が上がり、村元哉中(28)、高橋大輔(35)組(関大KFSC)の出場はならなかった。

 全日本4連覇を果たした小松原美里、尊重組が五輪への切符を手にした。今季、ずっと続いてきた村元、高橋組との争いを制した。

 美里「心より光栄に思う。この組を選んで良かったと思ってもらえるように、日々高みに向かって練習していきたい」

 尊「自分たちにはいろんなことを乗り越えた強さもある。全力で頑張りたい」

 2人は17年に結婚。米国出身の尊は昨年11月、日本国籍を取得し、五輪出場への準備を整えた。今年11月のNHK杯では村元、高橋組に後れを取ったが、そこから再び自分たちと向き合い、練習を重ねて頂点に立った。団体戦もある五輪に向け、美里は「頑張ることで誰かの心が少しでも動いたのなら幸せ」と力を込めた。

 ◇小松原 美里(こまつばら・みさと)9歳で競技を始め、岡山学芸館高に進学後、アイスダンスに転向。尊と16年にカップルを結成し、17年に結婚。全日本選手権で4連覇。倉敷FSC。1メートル61。29歳。岡山県出身。

 ◇小松原 尊(こまつばら・たける=ティム・コレト)米国出身で昨年11月に日本国籍を取得した。今年3月の世界選手権で19位に入り、日本の北京冬季五輪出場1枠を獲得した。倉敷FSC。1メートル87。30歳。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月27日のニュース