羽生に聞く「3連覇という権利を有しているのは僕しかいない。前回とはまた違った強さで臨みたい」

[ 2021年12月27日 05:30 ]

フィギュアスケート全日本選手権最終日 ( 2021年12月26日    さいたまスーパーアリーナ )

圧巻の演技をみせた羽生結弦(撮影・小海途良幹)
Photo By スポニチ

 男子フリーが行われ、14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(27=ANA)はSPに続きトップの211.05点をマーク。公式戦では自身初挑戦となった4回転半は両足着氷となり認定されなかったが、合計322.36点で2年連続6度目の優勝を飾り、来年2月の北京五輪出場権を獲得した。フリー、合計点とも非公認記録ながら自己記録に肉薄し、今季世界最高を上回った。会見では、94年ぶりとなる五輪3連覇を目指すことを初めて明言した。

 【羽生と一問一答】

 ――今回の4回転半の出来は?
 「頑張ったなって感じです。(練習)初日のあのアクセルを“羽生、めちゃくちゃアクセル上手になったじゃん”って思われたと思うんですけど。あれができるようになったのが、まだここ2週間くらい。それまではずっとぶっ飛ばして跳んでて、軸がつくれなくて、回転ももっともっと足りなくて。何回も何回も体を打ちつけて、ほんとに死ににいくようなジャンプをずーっとしてた。まあ、試合の中であれだけできたら、まだ今の自分にとっては妥協できるところにいるんじゃないかなとは思います」

 ――北京五輪は今までと違う?
 「僕にとって平昌五輪までが完全に夢の舞台。ソチ、平昌五輪と両方とも金メダルを獲って2連覇して、そこまでが小さい頃から描いていた夢であり、具体的な目標だった。正直言って、3連覇をあまり考えずに過ごしてきた。ただ、僕が今置かれている状況だったり、僕が今挑んでいる技だったり、いろんな年齢で五輪に向けて全力で頑張っている、いろんな選手たちの姿を見て…。今、フィギュアスケート男子シングルで3連覇という権利を有しているのは僕しかいない。もちろん夢に描いていたものではなかったかもしれないですけど、その夢の続きをしっかりとまた描いて、あの頃とまた違った、前回、前々回とはまた違った強さで五輪に臨みたい」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月27日のニュース