×

美宇、来年世界選手権代表内定 ひな撃破で3人目五輪切符アピール

[ 2019年12月22日 05:30 ]

卓球ジャパン・トップ12大会第1日 ( 2019年12月21日    宮城・カメイアリーナ仙台 )

女子決勝で早田に勝利し、喜ぶ平野
Photo By 共同

 20年世界選手権団体戦(来年3月、釜山)の代表選考会を兼ねて行われ、女子は世界ランク11位で東京五輪シングルス代表を逃した平野美宇(19=日本生命)が同24位の早田ひな(19=日本生命)を4―2で下して、18年大会に続いて代表に決まった。代表は男女とも5人。東京五輪代表3人に加え来年1月の全日本選手権シングルス覇者が選ばれる。22日の最終日は東京五輪シングルス代表を確実にしている選手と、第1日に決勝へ進んだ選手によるトーナメントが行われる。

 東京五輪の前哨戦となる世界選手権団体戦の代表権をつかみ、3人目の五輪代表入りを強烈にアピールした。「(五輪代表に)まだ私が選ばれるか分からないが、大舞台で中国人選手に1勝して日本に貢献できる選手になりたい」と来年1月6日の発表を前に自信をのぞかせた。

 女子代表の馬場美香監督も見守る中で行われた代表決定戦。ノープレッシャーだったという平野は、持ち前の高速卓球で早田を寄せ付けなかった。平野は「(3人目の)アピールにはなったと思うが、そんなに関係ないと思ったので思い切ってできた」と振り返った。

 東京五輪シングルス代表を逃したワールドツアー・グランドファイナル(中国)から約1週間。気持ちの切り替えが難しかったが「帰国後は3日休んで1年ぶりくらいにゆっくりできた」とリフレッシュして臨んだ。22日は五輪シングルス代表枠を最後まで競り合った石川佳純と初戦でぶつかるが「世界ランクは関係ないので思い切ってプレーしたい」と“リベンジ”を誓った。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年12月22日のニュース