×

バックスのアデトクンボがトリプルダブル ロケッツのハーデンは47得点

[ 2019年12月22日 15:32 ]

ニックス戦で今季3回目のトリプルダブルを達成したバックスのG・アデトクンボ(AP)
Photo By AP

 NBAは21日に各地で9試合を行い、リーグ全体で首位に立っているバックスは敵地ニューヨークでニックスを123―102(前半68―54)で下して26勝4敗。昨季のMVP、ヤニス・アデトクンボ(25)が第3Qまでの出場で22得点、11リバウンド、10アシストを稼ぎ、今季3度目のトリプルダブルを達成して、西地区全体首位のレイカーズ(24勝5敗)に1・5ゲーム差をつけた。

 敗れたニックスは7勝23敗でここ4戦で3敗目。23日にはホームでウィザーズと対戦する。

 得点部門でダントツの1位(38・5)に立っているロケッツのジェームズ・ハーデン(30)はサンズ戦で9本の3点シュートを成功させて47得点をマーク。チームは139―125(前半70―65)で勝って、ここ13戦で10勝目を挙げた。ハーデンの40得点以上は今季12回目。ラッセル・ウエストブルック(31)は30得点と10アシストをマークした

 クリッパーズのカワイ・レナード(28)は古巣スパーズを相手に第3Qまでの出場で26得点、7リバウンド、9アシストを記録。134―109(前半72―61)での勝利に貢献し、かつての本拠地サンアントニオでは、ラプターズ時代の昨季を含めて初めて“ロードチーム”の一員として勝利を収めた。

 ネッツに敗れたホークスは7連敗。ティンバーウルブスはトレイルブレイザーズに敗れて10連敗を喫した。

 <21日の結果>

ジャズ(18勝11敗)114―107*ホーネッツ(13勝19敗)
*ネッツ(16勝13敗)122―112ホークス(6勝24敗)
*76ers(21勝10敗)125―108ウィザーズ(8勝20敗)
ブルズ(12勝19敗)119―107*ピストンズ(11勝19敗)
バックス(26勝4敗)123―102*ニックス(7勝23敗)
*グリズリーズ(11勝19敗)119―115キングス(12勝17敗)
クリッパーズ(22勝9敗)134―109*スパーズ(11勝17敗)
ロケッツ(20勝9敗)139―125*サンズ(11勝18敗)
*トレイルブレイザーズ(14勝16敗)113―106ティンバーウルブス(10勝18敗)

 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年12月22日のニュース