白鵬、右手小指不安なし 炎鵬、石浦に11勝1敗

[ 2019年11月2日 05:30 ]

11.10初日 九州場所

白鵬
Photo By 共同

 休場明けで4場所ぶりの優勝を狙う横綱・白鵬は福岡県篠栗町の宮城野部屋で炎鵬、石浦と相撲を取り11勝1敗だった。炎鵬のとったりに不覚を取る場面こそあったものの、軽量2人のスピードに対応し、調整は順調。「(相手に圧力を伝えるための体の)重さがある。手は大丈夫」。

 9月の秋場所を右手小指骨折のため2日目から休場したが、不安はないもよう。2日のラグビーW杯決勝に「イングランドが久しぶりの優勝となるのかな。ラグビーの母国でもあるし」と楽しみにしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月2日のニュース