W杯“ベスト15”スポニチ取材陣が独自選出 稲垣のディフェンスは世界レベル

[ 2019年11月3日 06:30 ]

ラグビーW杯2019

守備が光った稲垣(左)
Photo By スポニチ

 今大会のベストフィフティーンをスポニチ取材陣が独自に選出した。大会を通じ攻守に印象的なプレーを見せた選手を対象とし、試合の前後半で選手を使い分けた南アフリカのFW陣や日本のWTB福岡ら出場時間が限られた選手は外した。

 FWでは左プロップで稲垣、No.8で姫野の日本勢を選んだ。稲垣のプロップとしてのディフェンスは世界レベル。No.8は大会の盛り上げにも貢献した点で姫野がB・ブニポラ(イングランド)、リード(ニュージーランド)らスター選手を抑えた。オリボン(フランス)やティプリク(ウェールズ)も候補だったオープンサイドフランカー(7番)はタックルの強烈さからアンダーヒル(イングランド)とした。

 SHは日本でも人気となったデクラーク(南アフリカ)。モウンガ(ニュージーランド)やビガー(ウェールズ)、フォード(イングランド)の活躍も印象的だった激戦のSOは得点王に輝いたポラード(南アフリカ)を選んだ。WTB松島は5トライはもちろん1人で違いをつくり出せるパフォーマンスを評価した。

 【スポニチ選定今大会ベストフィフティーン】
1PR 稲垣啓太(日本)
2HO オーウェンズ(ウェールズ)
3PR シンクラー(イングランド)
4LO イトジェ(イングランド)
5LO A・ジョーンズ(ウェールズ)
6FL サベア(ニュージーランド)
7FL アンダーヒル(イングランド)
8No.8 姫野和樹(日本)
9SH デクラーク(南アフリカ)
10SO ポラード(南アフリカ)
11WTB マピンピ(南アフリカ)
12CTB デアレンデ(南アフリカ)
13CTB グッドヒュー(ニュージーランド)
14WTB 松島幸太朗(日本)
15FB B・バレット(ニュージーランド)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月2日のニュース