リーチ、松島幸太朗ら激戦語る 応援に感謝 東京・府中でラグビーW杯報告会

[ 2019年11月2日 12:01 ]

東京都府中市で行われた報告会で、ファンと交流するラグビー日本代表のリーチ主将(中央)。左は徳永
Photo By 共同

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)で初の8強入りを果たした日本代表で主将を務めたリーチ・マイケルや、トライを量産した松島幸太朗ら5選手が2日、東京都府中市での報告会に参加し、リーチは「熱い応援のおかげで目標のベスト8を達成できた。本当にありがとうございました」と感謝を伝えた。

 トップリーグの東芝とサントリーの本拠地となっている府中市が、W杯で活躍した両チームの所属選手7人をたたえようと企画した。リーチと松島の他に流大、中村亮土、徳永祥尭の3選手も登場。徳永は「試合に出られなかったことは悔しいが、応援が届いていた。4年後を狙いたい」と語った。

 会場となった京王線府中駅前の並木道は、日本代表のジャージーを着た家族連れや東芝とサントリーの旗を持った子どもなど、多くのファンでいっぱいに。5選手はファンに握手をしたりサインをしたりしながら、約120メートルのレッドカーペットの上をゆっくりと歩いた。

 市は、リーチに市民栄誉賞、リーチを含む7選手に市民スポーツ特別栄誉賞を授与する。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月2日のニュース