蛭田、66で首位タイ グリップ交換しショットが安定「体も切れていました」

[ 2019年11月2日 05:30 ]

女子ゴルフツアー  樋口久子・三菱電機レディース 第1日 ( 2019年11月1日    埼玉県 武蔵丘GC=6585ヤード、パー72 )

2番、蛭田みな美はティーショットを放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 プロ4年目の蛭田が66で回り首位に並んだ。「痛めていた腰も全然痛くなくなってきました。ドライバーショットも飛んでいたし体も切れていました」。今週から1Wのグリップを交換しショットが安定。

 「グリップのささり方がスライスに入っていた。9月から使っていたんですけど先週めちゃ右に行くなと思って気付きました。気付くの遅かったですね」と苦笑いしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月2日のニュース