陸上短距離・山県、米国合宿へ出発 ラグビーW杯から刺激 再起へ“トライ”

[ 2019年11月2日 05:30 ]

米国合宿出発前に取材に応じた山県
Photo By スポニチ

 陸上男子短距離の山県亮太(27=セイコー)が米国合宿出発前に成田空港で取材に応じ「やれることをやれば結果がついてくる」と意気込みを語った。先月末にはラグビーW杯で日本のベスト8に貢献したWTB福岡堅樹(27=パナソニック)らと交流。「(ラグビーの)活躍を見て凄いと思ったし、見ているみんながワッとなる活躍をしたい」と刺激を受けた。

 今季は肺気胸で6月の日本選手権を欠場するなど不本意なシーズンを送っただけに、再起への思いは強い。「いい環境で練習できるので米国はチャンスがある」と勝負のシーズンへ“トライ”する覚悟だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月2日のニュース