羽生 「完璧」求め2季同じプログラム「負けたままで終わらせられない」

[ 2019年9月14日 02:00 ]

フィギュアスケート オータム・クラシック第1日 ( 2019年9月12日    カナダ・オークビル )

笑顔で練習する羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 ベールに包まれていた羽生の今季のプログラムは、昨季からの持ち越しだった。SPは「秋によせて」、フリー「Origin」となる。

 羽生は昨年11月のロシア杯で右足首を負傷し、GPファイナル、全日本選手権を欠場。「昨季は試合数をこなせなかった。SP、フリーともまだ自分の中で完璧のものができていないのが心残り。このプログラム自体を負けたままで終わらせられないな、という気持ちがあった」と選択理由を明かした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年9月14日のニュース