大栄翔 鶴竜撃破で念願の初金星「夢のよう」目標三役へ「自分の相撲を取り切る」

[ 2019年9月14日 05:30 ]

大相撲秋場所6日目 ( 2019年9月13日    両国国技館 )

鶴竜(左)を押し出しで破る大栄翔(撮影・郡司 修)                                                 
Photo By スポニチ

 三役を目指す大栄翔が初金星を挙げた。鶴竜のいなしに耐えて逆転。座布団が舞う中、27本の懸賞を受け取り「テレビと一緒だと思った。夢のよう。素直にうれしい」と目尻を下げた。

 初日の貴景勝戦から3連敗だったが、紙一重の内容が続いてた。幕内上位での戦いが続く中、先場所初めて勝ち越すなど地力も強化。「目標は三役に上がること。しっかり自分の相撲を取り切ればチャンスあると思う」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年9月14日のニュース