“黄金世代”ひかる、プロ2度目エース!賞金200万円の使い道「これから考えます」

[ 2019年9月14日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 第2日 ( 2019年9月13日    チェリーヒルズGC=6425ヤード、パー72 )

17番でホールインワンを決めた吉本ひかるは、記念のボールと6番アイアンを手に笑顔(大会本部提供)
Photo By 提供写真

“黄金世代”の吉本ひかるが前半の17番でプロ転向後2度目のホールインワンを達成。賞金200万円を獲得して「使い道ですか?これから考えます」と喜びを口にした。

 160ヤードのパー3で6Iを手に直接カップイン。「流れに乗れたのかな」と、66をマークして首位と2打差の3位に浮上した。4戦ぶりの60台に「凄くうれしい。あと2日間あるので、しっかり集中してやっていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年9月14日のニュース