34歳隠岐の海、唯一全勝キープ 11年ぶりの6日目平幕単独トップ「しっかりやりたい」

[ 2019年9月14日 05:30 ]

大相撲秋場所6日目 ( 2019年9月13日    両国国技館 )

志摩ノ海(右)を押し出しで破る隠岐の海(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 34歳の隠岐の海がただ一人の勝ちっ放しだ。志摩ノ海に押っつけられて左を差せなかったが、相手の引きに乗じて押し出し。「前に体を預けるのも大事。でも、今日は気持ちが強かった」。

 初日からの6連勝は16年秋場所に並ぶ自己最長。6日目で平幕が単独トップに立つのは08年秋場所の豪栄道以来、11年ぶりだ。「連敗もきついけど連勝もきつい。せっかく全部勝っているのでしっかりやりたい」。ベテランの集中力は日ごとに高まってきている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月14日のニュース