貴景勝 膝からカクン…遠藤に敗れ初黒星 大関復帰残り5勝「また明日頑張ればいい」

[ 2019年9月14日 05:30 ]

大相撲秋場所6日目 ( 2019年9月13日    両国国技館 )

遠藤(右)につきひざで敗れる貴景勝(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 関脇陥落1場所での大関復帰を目指す貴景勝が初黒星を喫した。直近の対戦で2連勝していた遠藤を立ち合いで押し込んだものの、引いたところで攻め込まれた。応戦したが右足を滑らせ膝からカクンと土俵に落ちた。連勝を止められ「仕方ない。攻め込めなかったし」と潔く負けを認めたが、「俺はガニ股だから、ああいうコケ方しない」とも話した。

 右かかとが行司の草履に乗っかり、次の瞬間に行司がその足を引いたため滑ったように見えたが、この一番を裁いた木村玉治郎は「そんなことはない」と否定した。

 大関復帰まで残り5勝。右膝から落ちてヒヤリとしたが「大丈夫」と強調。「勝つ日も負ける日もある。甘くない。また明日頑張ればいい」と切り替えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月14日のニュース