“優勝候補筆頭”鈴木 欠場した同僚・関根のためにも出場権獲る!

[ 2019年9月14日 05:30 ]

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)15日号砲

意気込みを漢字一文字で「淡」と表現した鈴木亜由子(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 女子の優勝候補筆頭とされる鈴木は「ここまで淡々と準備してきた。レースを淡々と走って、しっかり勝負どころを押さえたい」と話した。

 18年北海道マラソンで優勝してMGC出場権を獲得。不安要素はマラソン経験が1度だけというところだが、高橋昌彦監督は「質の高い練習はしてきた」と自信を見せる。欠場した同僚・関根のためにも出場権獲得は必須で「練習してきた通り試合で出すだけ」と意気込んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月14日のニュース