女子50キロ級・入江、代表内定&誕生日“ダブル祝杯”必ず!

[ 2019年9月14日 05:30 ]

 東京五輪予選を兼ねたレスリングの世界選手権は14日にカザフスタン・ヌルスルタンで開幕する。メダル獲得で五輪代表に内定する大一番に向け、13日は男子グレコローマンスタイル代表、女子代表が会場で調整した。初日はグレコローマンの非五輪階級、55、63、72、82キロ級の1回戦から準決勝までが行われる。 

 女子50キロ級で初出場する入江ゆき(26=自衛隊)は約2時間の練習で汗を流し、「(会場が)ライトアップされていて凄い。のまれないように」と気を引き締めた。50キロ級の五輪代表が決まる準決勝は自身の誕生日の17日に行われる。「考えるのは良くない」と無心を強調も、「(宿の)近くのスーパーでケーキを見つけたので、祝おうかな」と冗談交じりに代表内定とのダブル祝杯を予告した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年9月14日のニュース