メドベージェワ「満足」2位 全ジャンプ着氷、演技点2項目で9点台

[ 2019年9月14日 02:00 ]

フィギュアスケート オータム・クラシック第1日 女子SP ( 2019年9月12日    カナダ・オークビル )

SPの演技をするメドベージェワ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 2016、17年世界選手権で2連覇したメドベージェワは全ジャンプを着氷。伸びやかな滑りでしっとりと演じた新たなプログラムで表現面を示す演技点は5項目のうち2項目で高評価の9点台をマークした。「いいパフォーマンスができた。満足している」と目尻を下げた。

 昨季開幕前にロシアからカナダに拠点を移したばかり。苦しんだ18~19年シーズンに比べ状態は良好で「3、4年前のように自信を持ってできている。人生のあらゆる変化に慣れた」と好感触だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月14日のニュース