大迫・設楽以外の面々も虎視眈々 東京五輪代表“2枠”を狙う

[ 2019年9月14日 05:30 ]

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)15日号砲

意気込みを漢字一文字で「神」と表現した神野(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

《神野 坂は負けない》 男子で青学大時代に箱根駅伝の5区で活躍し、“山の神”と呼ばれた神野が、五輪切符獲得に自信を見せた。コース終盤に上り坂があるため、「35キロで先頭集団にいれば99.9%勝てると思っている」と力を込めた。MGCには順大時代に5区を爆走した今井も出場。「僕と今井さんが五輪を決めれば“山の神”のイメージは変わる。今井さんと決められたら最高」と話した。

《井上 立ち回りで勝負「周りより経験ある」》 日本歴代5位の記録を持つ井上は、今回と同様にペースメーカーがいなかった昨年のアジア大会を制しており「どう立ち回ればいいかは、周りより経験があるんじゃないかなって思っています」と自信を見せた。35キロ以降の坂を含め、大小さまざまな上りをポイントに挙げた。4強の残りメンバーの顔を見て「今回だけに限らず何回も戦うと思う。その一回一回を勝ちたい」と気持ちを高ぶらせていた。

《服部 勇冷静沈着》 4強の一角、服部勇は「これだけ走ったなら大丈夫、と思えるくらい走った。全てが今の自信になっている」と目に力を込めた。米ユタ州と北海道士別市での合宿では、40キロ走と120分走の2本立てで、距離を走ってきた。18年福岡国際を、2時間7分27秒で制したスピードランナーは「どんな展開でも冷静に対応したい」とドンと構えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月14日のニュース