4位の紀平がザギトワ、メドベージェワと並んで新たな刺激「また頑張ろう」

[ 2019年3月23日 12:38 ]

フィギュアスケート世界選手権最終日 ( 2019年3月23日    さいたまスーパーアリーナ )

<世界フィギュア女子フリースモールメダル授与式>壇上に上がる紀平梨花(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 女子4位の紀平梨花(16=関大KFSC)がスモールメダルセレモニーに出席した。フリー2位のメダルを授与された。

 「ショートプログラムは悔いが残っている。フリーは思っている力をほとんど出せた。その点では満足しているし、また頑張ろうという感情になっています」

 フリー1位のザギトワ、同3位のメドベージェワとともに壇上に並んだ。初の世界選手権で表彰台を逃したものの、ロシア勢の隣に立ち、新たなモチベーションを得たようだった。

 セレモニーの会場は屋外に設営された。寒い中、集まったお客さんに向けて「こんなにたくさんのファンの方に来ていただいてありがとうございます。みなさんの声援がいつも力に変わっています。感謝します」とあいさつし、イベントを締めくくった。 

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月23日のニュース