トゥルシンバエワ 4回転サルコー跳んだ!世界選手権史上初の快挙で銀メダル

[ 2019年3月23日 05:30 ]

フィギュアスケート世界選手権第3日 ( 2019年3月22日    さいたまスーパーアリーナ )

<世界フィギュア・女子フリー>笑顔でメダルを掲げる(左から)トゥルシンバエワ、ザギトワ、メドベージェワ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 トゥルシンバエワが女子で安藤美姫ら過去2人しか国際スケート連盟公認大会で成功者がいない4回転サルコーをフリー冒頭で決め、世界選手権では史上初の快挙となった。

 身長1メートル48の細身でその後も大きなミスなく演じきり、銀メダルを手にし「カザフスタンにとって(世界選手権の女子で)最初のメダル。予想していなかった」と驚きを隠さなかった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年3月23日のニュース