羽生結弦、フリー206・10点、合計300・97点 冒頭の大技4回転ループで着氷!

[ 2019年3月23日 21:08 ]

<世界フィギュア・男子フリー>フィニッシュを決めガッツポーズをする羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界選手権は23日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP、21日)94・87点で3位発進となった羽生結弦(24=ANA)が206・10点、合計300・97点をマークした。

 24選手中22番目に登場した羽生は、荘厳な曲「Origin」に乗って滑走。この日、午前中に本番リンクで入念に練習した冒頭の4回転ループに見事着氷。続く4回転サルコーはバランスを崩したがこらえた。

 その後も3回転ループ、4回転トーループ、そして4回転トーループとトリプルアクセルの連続ジャンプも着氷するなど圧巻の演技を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月23日のニュース