大坂まり 初戦敗退…妹なおみの活躍誇りも「比較されるのは苦しい」

[ 2019年3月23日 05:30 ]

テニス マイアミ・オープン ( 2019年3月21日    米マイアミ )

ホイットニー・アシグウェに敗れた大坂まり
Photo By ゲッティ=共同

 21日に行われ、女子シングルス1回戦で大坂なおみ(日清食品)の姉まりはホイットニー・アシグウェ(米国)に2―6、4―6で敗れた。土居美咲(ミキハウス)が王欣瑜(中国)を6―2、1―6、6―3で下し、2回戦に進んだ。女子の第1シード、大坂なおみの2回戦の相手がヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)に決まり、男子の第5シード、錦織圭(日清食品)の2回戦の相手がドゥシャン・ラヨビッチ(セルビア)になった。

 世界ランキング1位の大坂なおみの姉まりは主催者推薦でツアー初出場を果たしたが、米国の16歳の新鋭に屈した。自身は世界338位。主催者推薦がなければ予選出場も厳しい立場だ。妹の活躍について「素晴らしいし、とても誇りに思う」と話しながら「私の人生は別。比較されるのは苦しい」と、涙を浮かべる場面もあった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月23日のニュース