坂本 フリー自己最高も5位 3回転フリップ1回転に「スピード出てしまった」

[ 2019年3月23日 05:30 ]

フィギュアスケート世界選手権第3日 ( 2019年3月22日    さいたまスーパーアリーナ )

<世界フィギュア>演技を終え悔し気な表情の坂本花織(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 演技を終えた坂本は、苦笑いだった。フリー自己最高の145.97点を出したが、SP2位から合計5位へ後退。表彰台を逃した。終盤の3回転フリップが抜け、1回転に。「スピードが出てしまった。(中盤の3回転)サルコーあたりから危なかった。気持ちを切り替えようと頑張った」。他のジャンプは全て成功しただけに、悔しさがにじんだ。

 2月に卒業式を迎えた神戸野田高校での3年間で飛躍した。昨年の平昌五輪で6位入賞。今季は全日本選手権を制し、世界選手権に初出場。高校最後の大会は苦い思い出となったが、「新しいシーズンに向けて気持ちも体もつくり直したい」。4月から神戸学院大へと進む18歳は、さらに強くなって戻ってくる。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月23日のニュース