【登坂と一問一答】どう相手の足を取ったのかも覚えていない

[ 2016年8月19日 05:30 ]

<リオ五輪 レスリング> 涙を流しながら君が代を歌う登坂

リオデジャネイロ五輪レスリング・フリースタイル女子48kg級

(8月17日 カリオカアリーナ)
 ――五輪で金メダル。

 最初はうれしいな、やったなと思い、少ししてから感謝の気持ちでいっぱいになった。

 ――ずっと劣勢だった。

 まさかあんなに早いうちに失点すると思っていなかった。最後30秒くらいで、このまま負けちゃうんじゃないかと思った。

 ――大逆転だった。

 どう相手の足を取ったのかも覚えていない。取ってからは絶対離さないという気持ちだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年8月19日のニュース