璃花子、大会新で100自V 今井は400個メ2位 全国高校総体第23日

[ 2016年8月19日 18:13 ]

 全国高校総体(インターハイ)第23日は19日、広島市総合屋内プールなどで水泳が行われ、競泳女子100メートル自由形はリオデジャネイロ五輪代表で1年の池江璃花子(東京・淑徳巣鴨)が54秒67の大会新で制し、50メートルとの2冠を果たした。

 同400メートル個人メドレーは牧野紘子(東京・東大付中教校)が4分40秒19の大会新で200メートルに続いて優勝、五輪代表の今井月(愛知・豊川)は2位だった。

 男子100メートル自由形は溝畑樹蘭(兵庫・報徳学園)が50秒21で勝ち、200メートル個人メドレーとの2種目制覇。女子200メートル背泳ぎは100メートル覇者の白井璃緒(兵庫・宝塚東)が2分9秒93で優勝、同800メートル自由形は1年の小堀倭加(神奈川・湘南工大付)が8分41秒52で400メートルとの2冠に輝いた。400メートルメドレーリレーは男女とも豊川(愛知)が優勝した。

 女子板飛び込みは三上紗也可(鳥取・米子南)が523・25点で勝った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年8月19日のニュース