絶好調ボルト200М世界新「挑戦できる」準決で自身初19秒台

[ 2016年8月19日 05:30 ]

男子200メートル準決勝19秒78の好タイムをマークしたボルト(右端)

リオデジャネイロ五輪陸上男子200メートル準決勝

(8月17日)
 男子200メートル準決勝でボルトは2組を19秒78の1着で通過。五輪の準決勝で20秒を切ったのは初めてで、3大会連続の短距離2冠に王手をかけた。

 「世界記録に挑戦できる状態だという確信を持った」。18日(日本時間19日)の決勝で競りそうなのは400メートルで3位となり、準決勝1組で19秒94をマークして1着となったメリットと2組2着のデグラッセの実質2人。しかしボルト優位の状況は変わっておらず、新たな快挙達成が濃厚になってきた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年8月19日のニュース