男女を通じ唯一出場の浜田 2回戦で敗退

[ 2016年8月19日 06:15 ]

リオデジャネイロ五輪テコンドー

 2階級が行われ、女子57キロ級は昨年の世界選手権覇者の22歳、浜田真由(ミキハウス)が2回戦でヘダヤ・ワフバ(エジプト)に延長で優勢負けした。ワフバは準決勝で敗れ、敗者復活戦に回る可能性が消えたため、敗退が決まった。

 決勝は前回の2012年ロンドン五輪覇者のジェード・ジョーンズ(英国)と昨年の世界選手権2位のエバ・カルボゴメス(スペイン)の対戦。

 男子は68キロ級が実施された。日本は男女を通じ、浜田しか出場していない。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年8月19日のニュース