女子470級最終レース延期 吉田・吉岡久美が集中力維持

[ 2016年8月19日 05:30 ]

 セーリング女子470級の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)がメダル獲得を懸けて出場する予定だった最終レースは、十分な風が吹かなかったため18日へ延期された。

 スキッパーの吉田は「みんな条件は一緒。集中を切らさないようにしたい」とこの競技の女子日本勢で20年ぶりのメダルが懸かる一戦へ気を取り直した。吉岡も「メダルを獲得できるようベストを尽くすのが一番」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年8月19日のニュース