羽生の負傷は頭と顎 エキシビション欠場、9日帰国 日本で検査へ

[ 2014年11月8日 23:56 ]

直前の練習で負傷したが強行出場し2位に入った羽生結弦

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯で8日の演技前に中国選手と衝突した男子の羽生結弦(ANA)について、ブライアン・オーサー・コーチは9日のエキシビションを欠場して同日中に帰国すると明らかにした。日本で精密検査を受けるという。

 オーサー・コーチによると「大事なのは健康。自分を大切にしろ」とフリーの棄権を促したが本人の意志で滑った。頭と顎を負傷し、演技後に患部を縫ったという。

 羽生はGPシリーズ第6戦のNHK杯(28~30日・大阪なみはやドーム)にエントリーしている。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2014年11月8日のニュース