藍、繰り上げ出場ならず14年終戦 来季へ「今は結婚よりもパット」

[ 2014年11月8日 05:30 ]

USLPGAツアー 2014ミズノクラシック~伊勢志摩~第1日

(11月7日 三重県志摩市 近鉄賢島カンツリークラブ=6506ヤード、パー72)
 ウエーティングによる繰り上げ出場を期した宮里だったが、欠場者が出なかったため出場はかなわなかった。吹っ切れたような表情で「この試合が今季最後と決めていた」と語り、宮里の14年シーズンは幕を閉じた。

 今季は序盤からパットに苦しみ、賞金ランキング86位と低迷。それでも「オフの課題は明確になっている」と表情は明るい。4月には同学年の横峯が結婚するなどプライベートの面でも刺激を受けたが「今は結婚よりパットと向き合いたい」。パターが恋人とばかりにオフは調整に取り組む。

 今後は今月を休養に充て、12月半ばに渡米する予定。「毎年正月は沖縄で過ごすので、初めての試み」と年内の始動は異例だ。渡米後はミニツアーに出場し、試合勘を養いながら新シーズンに備える意向だ。不振からの脱却へ「充実したオフを過ごしたい」と意気込み、コースを後にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2014年11月8日のニュース