江口、逆転で女子シングルス初優勝 全日本テニス第7日

[ 2014年11月8日 14:14 ]

 テニスの橋本総業全日本選手権第7日は8日、東京・有明テニスの森公園で行われ、女子シングルス決勝は第1シードの22歳、江口実沙(北日本物産)が第7シードで20歳の沢柳璃子(ミキハウス)に2―6、6―1、6―3で逆転勝ちし、初優勝した。

 相手の多彩なショットに揺さぶられた江口は第1セットを落としたが、第2セットからはフォアの強打で流れを取り戻し、2セットを連取した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2014年11月8日のニュース