“不屈”羽生 アクシデント乗り越え2位!演技後は号泣

[ 2014年11月8日 21:55 ]

強行出場したフリーの演技を終え、採点に感極まる2位の羽生結弦

フィギュアスケートGP第3戦「中国杯」男子フリー

(11月8日 上海)
 前日の男子ショートプログラム(SP)で2位だった男子の羽生結弦(19)は、2位となり、合計237・55点で2位となった。直前の公式練習で中国の選手と激しく衝突、流血するアクシデントに見舞われながらも4分半を演じきり、場内から大きな拍手。逆転優勝はならなかったが、アクシデントを乗り越えてのパフォーマンスを終え、キスアンドクライでは涙をこらえることができなかった。

 羽生は関係者に抱えられてリンクの外に出ると、担架に乗せられて再び治療へ。演技の時と同様、額にはテーピング、あごの絆創膏は血がにじんでいたが、カメラにはVサインをして、笑顔を見せるなど最後まで気丈に振る舞った。

 羽生は直前の6分間練習で、閻涵(エン・カン=中国)と正面から激突。顔面からリンクに打ち付けられ、仰向けになるとしばらく動くことができなかった。額とあごから流血、うつろな表情でリンクの外で治療を受けた羽生は、額にテーピング、あごに絆創膏が張られる痛々しい姿で、フリーの演技に入った。

 6分間の練習ができず、体も温まってないなか、冒頭の4回転で尻もち、続く4回転も失敗に終わったが果敢に攻めた。着氷が乱れても、転倒してもそれでもジャンプをあきらめない。優勝を狙うソチの金メダリストにとっては不本意な、まさかの内容となったが、不屈の滑りに演技が終わっても拍手は鳴りやまなかった。

 

 

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年11月8日のニュース