修造 羽生に感動「諦めるなとか、無理だとか、そういう言葉では片付けられない」

[ 2014年11月8日 22:26 ]

松岡修造氏

フィギュアスケート GPシリーズ第3戦中国杯第2日・男子フリー

(11月8日 中国・上海)
 熱い男の代表格、スポーツキャスターの松岡修造氏(47)が羽生の不屈の闘志に称賛の言葉を並べた。

 リンクサイドでテレビ中継のリポーターを務めた松岡氏。満身創痍(そうい)の羽生が何度も転倒しながらも演技をやり抜くと、「もう僕は羽生さんのことを誇りに思いますよ」としんみり。続けて「彼はこれからいろんな経験していくと思いますけど、こんな状況で、こんな逆境で、こんな苦しい中で戦った。この経験というのはとんでもなく生きてくる。多分、彼は分かってるんですよ」。棄権も考えられたが、最後まで演技した羽生の精神力を称えた。

 「単純に諦めるなとか、無理だとか、そういう言葉では片付けられない。普通の人じゃできないです、これは!」と熱い思いを吐き出していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2014年11月8日のニュース