日本女子は1回戦で韓国と激突 スケート団体追い抜き

[ 2014年2月20日 23:52 ]

練習をする(右から)高木菜那、押切美沙紀、田畑真紀、菊池彩花

 スピードスケート団体追い抜き(21、22日)の組み合わせ抽選が20日行われ、前回バンクーバー冬季五輪銀メダルの日本女子は21日の1回戦で前回8位の韓国と対戦することになった。

 ワールドカップ(W杯)の成績に基づく出場国のランキングで日本は4位、韓国は5位。4年前も1回戦で当たって日本が快勝したが、韓国は長距離の若手を強化しており、前回ほど力の差はない。持久力が持ち味の韓国に対し、1500メートルを得意とする選手を並べた日本は先行して逃げ切る展開に持ち込みたい。

 団体追い抜きは8チームのトーナメントで争われる。日本は1回戦で勝つと、22日の準決勝でオランダ―米国の勝者と顔を合わせる。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月20日のニュース