複合ニッポン「悔しい」「悔しい」「悔しい」「悔しい」

[ 2014年2月20日 21:30 ]

5位でゴールインし倒れこむ日本の最終走者・渡部暁

 ソチ五輪第14日(20日)、ノルディックスキー複合団体が行われ、日本は渡部暁斗(25=北野建設)、渡部善斗(22=早大)、永井秀昭(30=岐阜日野自動車)、湊祐介(28=東京美装)の4人で臨み、5位だった。

 渡部暁は「正直悔しいけど最後まで諦めずに戦えた。勝機がないのは僕らが一番分かっていた。それでも果敢に挑んだことはプラスになった。4年後は(個人2種目と団体で)3つのメダルが獲れるように頑張りたい」とコメント。渡部善は「自分のジャンプができず、悔しい。個人戦でもあまり納得できる内容ではなかった」と話した。

 キャプテンの加藤大平に代わって出場した湊は「悔しいけど、自分の力は全部出し切れた」と言い、永井は「悔しい。誰ひとり諦めることなく、ゴールを目指した」。4人の口からそろって「悔しい」の言葉が出た。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年2月20日のニュース