コストナー 高難度ジャンプ変更が奏功、悲願メダルに自信

[ 2014年2月20日 09:22 ]

女子SP 演技するカロリナ・コストナ

ソチ五輪フィギュアスケート女子SP

(2月19日)
 2012年世界選手権優勝のコストナーは、冒頭に予定していた2連続3回転ジャンプを難易度の高い構成に変更し、成功させた。「この朝に決めた」という賭けに勝つと、ほかのジャンプも上々の出来。定評がある表現面では、演技点5項目中4項目で9点台を並べトップだった。

 世界選手権の表彰台には5度上がったが、母国で開催された06年トリノ五輪は9位、前回バンクーバー五輪は16位だった。好位置につけた27歳のベテランは「これまでは緊張していたけど、あしたは自信がある」と悲願の五輪メダルに照準を合わせた。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月20日のニュース