渡部暁“団体一丸”欠場の主将・加藤にメダルを!

[ 2014年2月20日 05:30 ]

個人ラージヒルではメダルを逃した渡部暁

ソチ五輪ノルディック複合男子団体

(2月20日)
 ノルディックスキー複合の団体戦は20日(前半飛躍=日本時間午後5時、後半距離=同午後8時)に行われる。日本はキャプテンの加藤大平(29=サッポロノルディックク、写真)が18日の個人ラージヒルで負傷し欠場。湊祐介(28=東京美装)が代役を務める。個人ノーマルヒル銀メダルの渡部暁斗(25=北野建設)らメンバーはキャプテンにメダルを届けるつもりだ。

 加藤はジャンプの着地後にバランスを崩して激しく転倒した。病院に搬送され、左肘の脱臼骨折と右肩甲骨の亀裂骨折が判明。レース直後に加藤のケガの状況を聞かされた渡部暁は「なんて言ったらいいのか。頑張ります」と短い言葉に気持ちを込めた。最年長の永井は「大平の悔しい思いも背負って日本チームの力を見せる」と気合十分。渡部善、湊も思いは同じだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月20日のニュース