ロシアは準々決勝敗退 スウェーデン2大会ぶり優勝へ前進

[ 2014年2月20日 00:01 ]

 ソチ五輪アイスホッケーの男子準々決勝で、地元ロシアは前回バンクーバー五輪銅メダルのフィンランドに1―3で逆転負けした。2大会ぶりの優勝を狙うスウェーデンはスロベニアを5―0で下し、フィンランドとの準決勝へ進んだ。

 ロシアは第1ピリオドに1点を先制したが、守備が安定せず2失点。第2ピリオドに3点目を奪われた。エースFWオベチキンらのシュートも精度を欠いた。スウェーデンは序盤から優位に立ち、1―0の第3ピリオドにFWセディンのゴールなどで突き放した。

 18日は男子の準々決勝進出決定戦で、チェコはスロバキアに5―3で、ラトビアはスイスに3―1で勝った。

 ▼ビリャレトディノフ・ロシア男子代表監督の話 すべて自分の責任だ。チームにミスも重なり、得点ができなかった。なぜこうなったのかは説明が難しい。重圧は感じていなかった。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年2月20日のニュース