錦織 169位にヒヤ汗白星、室内→屋外で“戸惑い”

[ 2014年2月20日 05:30 ]

ショットを放つ錦織

 男子テニスのデルレービーチ・オープンは18日に米フロリダ州デルレービーチで1回戦が行われ、前週の全米室内選手権でツアー4勝目を挙げた錦織圭(日清食品)はシングルス1回戦で世界ランキング169位のガスタン・エリアス(ポルトガル)を6―1、5―7、6―2で下し、2回戦へ進んだ。この大会は昨年まではデルレービーチ国際選手権で、今年から名称を変更した。

 優勝候補の錦織が思わぬ苦戦を強いられた。世界ランキング15位で第3シード。08年大会にはツアー初優勝したイメージのいい大会で、第1セットこそ簡単に奪ったが、第2セットでミスが続いた。前週の全米室内選手権でツアー4勝目を挙げたが、今週は屋外とあって「ボールの感触が違うので慣れていないところがあった」と振り返る。それでも、第2セットを落とした後、感触を取り戻した第3セットは持ち味を発揮。「(第3セットは)最後に2ゲームを取られたが、それ以外は完璧だった。いい終わり方だったと」と手応えを語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月20日のニュース