ワグナーは6位発進「表彰台に上がるチャンスはある」

[ 2014年2月20日 06:41 ]

ソチ五輪フィギュアスケート女子SP

(2月19日)
 3枠の米国代表に滑り込みで入ったワグナーが65・21点を出し、6位で発進した。冒頭の2連続3回転ジャンプの二つ目が2回転扱いとなるミスがあったが、三つのスピン全てで最高難度のレベル4を獲得し、高い演技点でカバー。「表彰台に上がるチャンスはある」と意気込んだ。

 1月の全米選手権では4位に終わった。代表落選の危機にあったが、実績を評価されて3位の長洲未来を抑えてつかんだ初の大舞台。「失うものは何もない」と強気でフリーに臨む。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月20日のニュース