比嘉は12打差の3位、団体も3位浮上

[ 2010年11月19日 18:25 ]

 【広州アジア大会】ゴルフの第3ラウンドを行い、女子は比嘉真美子(沖縄・本部高)がイーブンパーの72と伸ばせず、通算1オーバーの3位ながら首位との差は12打に開いた。堀奈津佳(香川・藤井学園寒川高)は12位で、福田真未(福岡・沖学園高)は15位。

 男子は小平智(鷹)が通算1アンダーで首位と11打差の9位。小西健太(広島・瀬戸内高)と松山英樹(東北福祉大)は15位で、川村昌弘(福井工大福井高)は33位。団体は女子が3位に上がり、男子は5位に後退した。20日に最終ラウンドを行う。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2010年11月19日のニュース