日本男子はタイに敗れ銅メダル

[ 2010年11月19日 18:08 ]

 【アジア大会】セパタクロー団体の準決勝を行い、1次リーグB組を2位で通過した日本男子は、4連覇が懸かるタイに0―2で敗れて銅メダルとなった。

 ▽寺本進の話 もっと長い時間コートに立っていたかった。団体での3位には大きな意味がある。自分たちにも次世代の選手たちにとってもすごく大きなメダル。
 ▽寺島武志の話 (タイは)思っていた通りの強さ、追いつくにはまだ時間がかかる。(メダルという)最低限の目標を果たし、結果としては満足している。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2010年11月19日のニュース